Section
Drop element here!

Who we are

The Brand

「LOVST TOKYO」は、廃棄リンゴから生まれた「アップルレザー」を始め、野菜やフルーツをアップサイクリングした植物由来のプロダクトを展開するライフスタイルブランドです。

ブランド名には、「愛(LOve)を持ってヴィーガン/多様性(Vegan/Variety)な考え方を一番(1ST)に尊重できる文化をTOKYO(東京)から発信していく」というメッセージを込めています。

100% handmade soap bar

Our Vision

Circular Living

私たちが考える「サスティナブル」とは、健康で文化的な暮らしの上に成り立つ取り組みです。物をつくらない、買わないことがエコだという意見もありますが生産・消費を止めてしまったら、そこに経済的に置き去りになってしまう人が必ずいます。そこで私たちは、まだ使える資源を無駄にしない「循環するものづくり」を事業の軸にすることにしました。
オリジナルプロダクトの開発では、心ときめくファッション性と機能性、そして動物と環境問題に配慮すること、そのどれも妥協しないことをモットーにしています。
サステティナブルな消費思考が求められる今、購買における罪悪感に寄り添い、自然体で地球の未来と向き合える、そんな心もカラダも巡りのよい暮らしを提案していきます。

The Founder

Message

「新しいライフススタイルのきっかけを届けたい」という想いで走り出した僕たちですが、皆様からの献身的なサポートのおかげで、なんとか1周年を迎えることができました。本当にありがとうございます!
  徐々に世間に浸透しているかのように感じる「サスティナブル」や「SDGS」ですが、これが単なるトレンドではなく、3年後、5年後、そしてその先にのモノづくりを通して僕たちが伝えていきたいことや実現させたいことを改めて整理した時に、サスティナブルを知る「きっかけ」でおわるのではなく、より皆様のライフスタイルに寄り添った「巡り(循環)の良い暮らしを届けていきたい」そう決意しました。
 まだまだ夢半ばの僕たちですが、暖かく見守っていただけますと幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

代表取締役 唐沢海斗

meet the founder

Unique Values

Brand Identity

Upcycling

廃棄される果物や野菜の原料を使って開発された付加価値の高いレザーアイテム

Craftmanship

ベーシックなカラーアイテムを中心に長く愛着を持って使い続けられる「ものづくり」

Veganism

多様性や新しい暮らしの選択肢を尊重していきたいというメッセージ

コレクションを見る