APPLE SKIN

 アップルスキン(アップルレザー)とは

アップルスキン(アップルレザー)とは、廃棄予定だった有機リンゴの皮をアップサイクルすることで生まれた、環境や動物に優しい革新的な新素材です。

アップルスキンは環境に優しいだけでなく、パウダー状の粒子が有機組織を創りだすため、従来の合成皮革よりも通気性に優れています。

手触りは滑らかで、色と質感に幅広い選択肢があり、凝固および顔料含浸をすることで、染料を使用する動物の皮とは対照的に、素材の色味を豊にしています。

 

アップルスキンができるまで

▶︎アップルスキンは、2004年イタリア北部の世界でも有数のリンゴ産地の果樹園から生まれました。

▶︎ヨーロッパでも有数のりんごの産地である果樹園では、年間220万トン以上ものりんごが収穫され、そのうちの7万トン以上ものりんごが廃棄・投棄処理されていたために異臭の原因になっていました。

▶︎ しかし、廃棄予定だったものから価値を生み出す「アップサイクル」というアイディアによって、りんごの絞りカスが新たな原料として生まれ変わったのです。

 

▶︎乾燥させたリンゴはパウダー状になるまでさらに分解されます。

▶︎何度も失敗を繰り返した試行錯誤の末、レザー本来の性質を損なわないように、適切な分量で樹脂と配合されたのがこの「アップルスキン」です。

 

アップルスキンの性質

素材によって異なりますが、大半のアップルスキンが、リンゴの繊維20-40%、ウレタンや綿その他の素材で構成されています。

見た目・質感がレザーに近いだけではなく、アップルスキンは「耐水性」にも非常に優れているため、天然皮革の代用品として非常に魅力的な素材です。