LOVST-TOKYO|ヴィーガンファション/コスメ LOVST-TOKYO(ラヴィスト東京)は「Fashion With Compassion」なライフスタイルを楽しむ、おしゃれで地球に優しい人のためのオンラインストア。 品質、デザイン、機能性に重視して、世界各国から洗練されたヴィーガンアパレル/コスメティック商品をセレクト。身に付けることで自分に自信が持てるから、モダンでかっこいい、かわいいエシカルファッションも楽しく続けられます。LOVST-TOKYOはただおしゃれを楽しむだけでなく人、動物、環境に配慮されたヴィーガンファッションを新しいトレンドとして提案します。

【Topics】150年続く老舗パティスリーが完全ヴィーガンのお店をオープン!

 

 

今年の夏の終わり、150年続くフランスのパティスリーチェーン、Laduréeはビバリーヒルズの店舗をブランドとして初の完全ヴィーガン仕様へ。

新しいメニューは、ヴィーガンシェフであり起業家のMatthew Kenneyによって製作される。

 

乳製品ベースのバターと卵を、アーモンドバターミルクやココナッツオイルなどの材料で置き換える予定とのこと。

 

9月にはパリの店舗で、これまでの伝統的な商品に加えてヴィーガンマカロンやその他のヴィーガン商品をメニューに追加。その後、新メニューは世界中の約80店舗に拡大する予定。

 

ヴィーガンメニューの追加は、ブランドを進化させるためのLaduréeの努力だという。

 

「私たちはLaduréeを世界的な成功に導いた精神から逸脱することを目指していません。」 「代わりに私たちの焦点は、植物性の原材料を使用しながら、Laduréeの本質を再解釈することになるでしょう。」とKenneyはメディアアウトレットブルームバーグに語った。 

 

Laduréeのリニューアルは、Kenneyが近年着手してきたベンチャーのリストに加わる。

Kenneyは先週、ヴィーガンピッツェリアのDouble Zero、メキシカンレストランのBar Verde、カジュアルビストロのNew Burger、そして生鮮食品のMake Outなど、彼のレストランコンセプトを集めたオールヴィーガンのフードホールをロードアイランド州プロビデンスにオープンしたばかり。

 

今後の動きからも目が離せない。

 

 

参照記事:https://vegnews.com/2019/6/150-year-old-french-patisserie-laduree-goes-vegan

LOVST-TOKYO|ヴィーガンファッション&コスメ

LOVST-TOKYO|ヴィーガンファション/コスメ

LOVST-TOKYO(ラヴィスト東京)は「Fashion With Compassion」なライフスタイルを楽しむ、おしゃれで地球に優しい人のためのオンラインストア。 品質、デザイン、機能性に重視して、モダンでかっこいい、かわいい、エシカルなファッションアイテムを世界中からセレクト。ただおしゃれを楽しむだけでなく人、動物、環境に配慮された「ヴィーガンファッション」を東京から届けていきます。

EC店舗 LOVST-TOKYO (ラヴィスト東京)
登録住所 〒153-0063 東京都目黒区目黒2-11-3
電話番号 050-5438-1408
営業時間 Mon-Fri 10am - 16pm
店長 宮本航
E-mail info@lovst-tokyo.com