LOVST-TOKYO|ヴィーガンファション/コスメ LOVST-TOKYO(ラヴィスト東京)は「Fashion With Compassion」なライフスタイルを楽しむ、おしゃれで地球に優しい人のためのオンラインストア。 品質、デザイン、機能性に重視して、世界各国から洗練されたヴィーガンアパレル/コスメティック商品をセレクト。身に付けることで自分に自信が持てるから、モダンでかっこいい、かわいいエシカルファッションも楽しく続けられます。LOVST-TOKYOはただおしゃれを楽しむだけでなく人、動物、環境に配慮されたヴィーガンファッションを新しいトレンドとして提案します。

【Topics】H&Mなど大手ファストファッションブランドもサステイナブルへ

 

大手ファストファッションブランドのH&Mは、動物の権利団体であるPETAによるカシミア産業の残酷な慣行の公開を受け、衣料品コレクションから「従来のカシミア」を廃止する予定。

 

PETAアジアは、世界のカシミア生産の90%を担っている中国とモンゴルのカシミヤ農場からの映像(ハンマーでヤギの頭を叩いたり、金属の鋭い櫛でヤギを傷付けたりする様子など)を公開。 8つのグローバルアパレルブランドを含むファストファッショングループは、2030年までに生産を通じて持続可能な材料だけを使用することを目指している。

 

「持続可能な素材だけを使用するという2030年の目標の一環として、従来のカシミアからは徐々に撤退しています。 H&Mは来年末には通常のカシミアへの発注をやめる予定です。カシミアは、その柔らかい質感で人気があり、高品質の素材として知られていますが、環境保護と動物保護の両方の課題があります。」と同社はウェブサイトで述べた。

 

昨年、H&Mグループは南アフリカの農場で行われていた動物への虐待行為など、同様の理由から2020年までにモヘアの使用を禁止することを宣言。動物性素材を持続可能なヴィーガン代替品へと取り替える動きで、H&Mは先月、コンシャスエクスクルーシブコレクションを発表。パイナップルレザーのような革新的な植物ベースの材料から作られたアパレルやアクセサリーが並ぶ。

 

 

参照記事:https://vegnews.com/2019/5/handm-bans-cashmere-after-expose-reveals-beaten-baby-goats

関連記事

LOVST-TOKYO|ヴィーガンファッション&コスメ

LOVST-TOKYO|ヴィーガンファション/コスメ

LOVST-TOKYO(ラヴィスト東京)は「Fashion With Compassion」なライフスタイルを楽しむ、おしゃれで地球に優しい人のためのオンラインストア。 品質、デザイン、機能性に重視して、モダンでかっこいい、かわいい、エシカルなアイテムを世界中からセレクト。ただおしゃれを楽しむだけでなく人、動物、環境に配慮されたヴィーガンファッションを東京から届けていきます。

店舗名 LOVST-TOKYO (ラヴィスト東京)
登録住所 〒108-0071 東京都港区白金台4-13-8
電話番号 050-5438-1408
営業時間 Mon-Fri 10am - 16pm
店長 宮本航
E-mail info@lovst-tokyo.com