動物性レザーから未来のレザーへ

未来のレザーを用いた商品開発

急速なヴィーガン市場の拡大における畜産業の衰退に伴い、本来その副産物として流通していた動物性レザー(天然皮革)の減少が予想されます。
またそこで、これまで安価に流通していた天然のレザーは本来の価値を取り戻し、私たちが動物という身近な生き物の存在の価値を再認識する日がくるのかもしれません。
私たちLOVST TOKYOは、そんな未来のレザーを用いた商品開発、販売に積極的に取り組むことで、本当の意味でのアニマルフレンドリーなライフスタイルを追求していきたいと考えています。