Sustainable Packaging

私たちは、商品そのものだけではなく、流通においても、可能な限りゴミやプラスチックの排出を減らし、環境に負荷をかけない取り組みを実践しています。

その一つとして、商品配送の際に生じるゴミを少しでも減らすためコンポストできるパッケージを導入いたしました。

コンポスタブルパッケージ

パッケージは100%生分解性でPLA(トウモロコシから合成)およびPBAT(ポリ酪酸アジピン酸テレフタレート)の堆肥化可能な材料から作られています。

PLA(ポリラクチド)は、再生可能な植物材料(トウモロコシの殻、稲わら、小麦わらなどの澱粉)から作られたバイオベース原料です。PBATは石油ベースの材料から作られていますが、100%再生可能な原料です。また、この材料の組み合わせは、従来のプラスチックと比較してCO2排出量を60%削減し、毒性がなく、フタル酸エステルまたはビスフェノールA(BPA)を含みません。

 

 

処理方法

comPOSTパッケージを処理する場合は、パッケージと土に肥料(生ゴミと庭の廃棄物)を混ぜて入れておきます。

「標準」の家庭用堆肥では、180日以内、つまり約6か月で生分解することが認定されています。

堆肥条件下で自然界の微生物によって完全に分解される際に、二酸化炭素と水を生成し、環境を汚染しません。