OUR VALUE

私たちLOVST TOKYOは、「Follow fomrs.きっとそこからわかることがある」というブランドコンセプトのもと、次の3つに取り組むことによりブランドとして存在意義を追求していきたいと考えています。

1、共通言語としてのローコンテキスト

「コンテクスト」とは、「文脈や背景」と訳されますが、「文化、慣習、知識、価値観」などのことを指します。
ここで「ハイコンテクスト」とは、「コンテクスト(文脈や背景)」が共通認識となっている状況のことを指すわけですが、まさに私たち日本人はこのハイコンテクストの中で生活をしていて、高い認識レベルの中で互いに意思疎通ができる文化で生活していると思います。
またその中で、ヴィーガンのような新しいライフスタイルの魅力を伝えていくには、まずはローコンテクスト=できるだけシンプルなデザインにこだわり、共通言語として少しでも多くの方に理解してもらうことを目指して取り組んでいきたいと考えています。
そして、共感してもらうことに悩んでいたあなたの背中を、いつても押してあげられるそんな存在でありたいと願っています。

2、未来の素材を用いた商品開発

急速なヴィーガン市場の拡大における畜産業の衰退に伴い、本来その副産物として流通していた動物性レザー(天然皮革)の減少が予想されます。

またそこで、これまで安価に流通していた天然のレザーは本来の価値を取り戻し、私たちが動物という身近な生き物の存在の価値を再認識する日がくるのかもしれません。

私たちLOVST TOKYOは、そんな未来のレザーを用いた商品開発、販売に積極的に取り組むことで、本当の意味でのアニマルフレンドリーなライフスタイルを追求していきたいと考えています。

3、メイドバイジャパン

私たちはこれまでのセレクトショップ事業を通して、インポートブランドならではの”粗さ”を経験してきました。
私たちが目指すサステナブルとは、いつまでも愛着をもって使い続けられる製品作りを心がけることです。
私たちは、“メイドバイジャパン”にこだわり、生産からリペア、回収→再販までを考慮したサーキュラー型のプロダクトライフサイクルモデルの構築を目指します。
そしていつか『日本を代表するブランド』になるその日まで、応援してくださる皆様と一緒に成長できるブランドを目指して一歩ずつ歩んでいきたいです。