次世代の新素材"アップルスキン"

廃棄される予定だった有機リンゴの皮を素材に統合することで、環境や動物に優しい代替品が生まれました。また特許技術により、使用するPUの量を削減。より環境に配慮意識のあるお客様に最適なソリューションをご提案できます。

アップルスキンの強み

Color
アップルスキンは環境に優しいだけでなく、パウダー状の粒子が有機組成を創り出すため、通気性が保たれます。また、手触りは滑らかで、色と質感に幅広い選択肢があります。

Feature
凝固および顔料含浸をすることで、染料を使用する動物の革とは対照的に、素材の色味を豊かにします。アップルパウダーの標準的な配合は50%ですが、裏基布に関しては、通常20%〜80%のポリ/綿を使用します。また、0.5mmから1.8mmまでの厚さに対応し、用途に合った素材のご提供が可能です。

Customizable
裏基布にエコフレンドリーな素材ご希望の場合は、アップサイクルレザーやアップサイクルポリエステルなどを用いたカスタマイズにも対応しています。

業界別使用事例

アップルスキンはファッション業界のほか、インテリアデザイナーや自動車メーカーからも注目を集めています。

下図はアップルスキンの導入事例です。

Contact Us

ご質問やご要望などがございましたら、お気軽にご連絡ください。

≫ お問い合わせはこちらから