Italian Apple Leather Apple Skin

アップルスキン(アップルレザー)とは

アップルスキン(アップルレザー)とは、廃棄リンゴ由来の原料とPU(ウレタン樹脂)を合成することで生まれた植物由来のヴィーガンレザーです。従来の合成・人工皮革より環境に配慮されているのに、軽量で水に強いという同質の特徴を有しています。また、最高品質のPU樹脂を用いることで耐久性に自信のあるイタリアンレザーです。

 

 アップルスキンができるまで

▶︎アップルスキンは、2004年イタリア北部の世界でも有数のリンゴ産地の果樹園から生まれました。

▶︎ヨーロッパでも有数のりんごの産地である果樹園では、年間220万トン以上ものりんごが収穫され、そのうちの5万トン以上ものりんごが廃棄・投棄処理されていたために異臭の原因になっていました。

▶︎ しかし、廃棄予定だったものから価値を生み出す「アップサイクル」というアイディアによって、りんごの絞りカスが新たな原料として生まれ変わったのです。 

▶︎乾燥させたリンゴはパウダー状になるまでさらに分解されます。

▶︎そして、合成レザー本来の性質を損なわないように、適切な分量で樹脂と配合されたのがこの「アップルスキン」です。

 

《実際の現地工場視察時のイメージvideoはこちら》

 

 アップルスキンの特徴

1、環境負荷を低減

アップルスキンの原料には、リンゴ由来のバイオ成分が20%~30%含まれています。これは本来であれば100%石油由来の合成皮革素材に対して、その石油系の樹脂の含有率を効果的に減らすことができる地球に優しい理想的なアップサイクリングレザーです。

また、従来のPU系の合成レザーを1kg生成するには、約5.28kgの二酸化炭素が排出されます。つまり、1kgのアップルパウダーをアップルレザーに用いる度に、同量の二酸化炭素の削減に繋がっています。現在では約30,000トンもの廃棄リンゴを利用して製造を行っています。カンピ・ビゼンツィオの生産工場では、生産の際に用いる水の95%が再利用され、環境負荷の少ない循環型の生産体制を推進しています。

そして、農林水産省にあたる政府機関で米国農務省のことUSDA(United StatesDepartmentofAgriculture)の提供するBiopreferredプログラムでも認証を受けています。

2、実用性が高い

商品の開発に用いる素材の種類にもよりますが、「アップルスキン」は植物由来のレザーの中でも耐久性に優れたレザーです。履物や車用シートに使える素材もあります。

また、軽量で撥水性にも優れているので、その実用性の高さから注目が集まっています。本革のように水に濡れても心配する必要はありません。乾いた布、または濡れた布でお手入れしてください。

 

3、ヴィーガン(動物多様性へのリスペクト)

「アップルスキン」は動物にも優しいヴィーガンレザーとして認証を受けています。動物にも地球にも優しい考え方やライフスタイルを開発される商品と一緒に伝えていきます。

 

LOVST TOKYOと地球にも動物にも優しい未来を目指して

 

今はまだ100%植物由来の素材ではありませんが、「アップルスキン」の開発をしているイタリア現地メーカーは、今後も地球により優しい素材の開発努力を行っていくと約束してくれました。

そして私たちも彼らと協力しながら、持続可能な社会の実現に向かって私たちらしくできることから精一杯取り組んでいきたいです。

 

Special Thanks to Mattia, Mabel