12/21(土)~12/25(水) クリスマス特別セール開催

About Us

Our Story

2018年11月
en-threedots LLC.を設立。

2019年3月
"Fashion with Compassion" をテーマにした日本初ヴィーガンライフスタイルの
オンラインストア「LOVST-TOKYO (ラヴィスト東京)」をオープン。

2019年12月
オンライン小売事業に留まらず、B2H×PaaSモデルの新素材卸事業をスタート。

2020年1月
LOVST-TOKYO INC.に組織変更、新体制にて再始動。



Why LOVST-TOKYO?

"LO" VE + "V" EGAN + FIR "ST"

僕たちの原点は、「愛をもって、ヴィーガンファーストを提案していくこと」

代表の僕(カラサワ )は栃木県に生まれ。
大学時代をインディアナ州(アメリカ)で過ごしました。

気付けば"ヴィーガン"という言葉が生活の中に飛び交っていましたが、
当時は全くの無関心でした。

 

───────────

大学を卒業してからは、シリコンバレーにある日系企業で働きました。
オルタナティブで、新しい文化の発信地のような
そこでは、"ヴィーガン"という
価値観はあまりにも普遍的に受け入れられていて衝撃を受けました。

またそこで、異文化を新しい価値観として受け入れることのできるマインドセットとサービスのインフラさえ整っていれば、実践しやすい環境が作れると実感しました。

 

─────────── 

帰国後すぐに東京に出てきた僕は、Co-founderの宮本(ミヤモト)と出会い
ファッションの世界から、人々のライフスタイルに新しい選択肢を創造していくことを掲げ、EC事業に着手しました。

それが僕たち「LOVST-TOKYO」の原点です。

───────────  

そして、2020年アップサイクル素材の卸事業に着手。

CSRを越えたCSV戦略を強みにファッション業界の域を超え、意(こころ)を動かす"キッカケ"を創造していく。

To be continued.... 

 

 

Philosophy

"Fashion with Compassion" (思いやりのあるファッション) を新時代のライフスタイルとして掲げ、そのキッカケを創造します。 

“If slaughterhouses had glass walls, everyone would be a vegetarian.” 

(もしも食肉処理場の壁がガラス張りだったら、誰でもベジタリアンになるだろう)

  – Paul McCartney

私たちは決して、全ての人がヴィーガンやベジタリアンになることを強要しているわけではありません。ただ、このポールマッカートニーの言葉のように、ファッションの世界にも "glass walls(ガラスの壁)" があったなら、私たちはもっと人・動物・環境にやさしい世界が創れると信じています。

人々がまだ知らない世界を "Fashion with Compassion" の力で伝えていきます。

  

 

Team

チームメンバーは全員 Vegan / Veganism、Sustainability に共感し「 “Fashion with Compassion” の力で世界を変える」という目標を掲げています。もちろん、VeganやVegetarian以外の方々との協働も楽しんでいます。

採用概要はこちら

 

 

Message

僕の好きな言葉に、"Purpose is what creates true happiness" という言葉があります。

ここで意味する
目的とは、自分という存在を超越した、何かより大きなものの一部である意識をもてる感覚のことであり、
自分という個性が必要とされていて、自分がコミットすることである事象がよりよくなることです。そしてその目的は、本質的な幸福感をもたらします。

LOVST-TOKYOは、使い捨て社会構造に異議申し立て、持続可能社会の実現を目指す人々を全力で応援します。

あなたが自分のエゴ以上の価値観を体験し、本当の幸せに出会う"きっかけ"を創造していくことが僕たちのミッションです。

 

“We Design Your Purpose in Life”



Kaito Karasawa -CEO