LOVST-TOKYO|ヴィーガンファション/コスメ LOVST-TOKYO(ラヴィスト東京)は「Fashion With Compassion」なライフスタイルを楽しむ、おしゃれで地球に優しい人のためのオンラインストア。 品質、デザイン、機能性に重視して、世界各国から洗練されたヴィーガンアパレル/コスメティック商品をセレクト。身に付けることで自分に自信が持てるから、モダンでかっこいい、かわいいエシカルファッションも楽しく続けられます。LOVST-TOKYOはただおしゃれを楽しむだけでなく人、動物、環境に配慮されたヴィーガンファッションを新しいトレンドとして提案します。

Matt & Nat

Matt&Natのストーリー

 

ABOUT


1995年にカナダのモントリオールで誕生。

ブランド名 は MAT(T)ERIAL + NATURE で「素材と自然」を表しており、素材と自然の力を掛け合わせてシナジーを生み出して行こうという意味が込められています。「美しく生きる」をモットーに、常により革新的でエコフレンドリーな素材がないかを模索し続けており、2007年からはバッグのライニングに100%ペットボトルリサイクルの素材を使用。

 

MATT & NATは動物性素材を用いないヴィーガンブランドであると同時に、サステイナブルな素材を採用するエシカルブランド。レザーの代わりに主にPU(ポリウレタン)やPVC(ポリ塩化ビニル)などの素材を使用していますが、これらをよりサステイナブルな素材で代替出来ないかということを常に検討し続けています。

(LOVSTではより環境負荷の軽いPUを用いたアイテムのみをセレクト)

 

月末の金曜日にはモントリオールのオフィスにチームのメンバーが集まってベジタリアンパーティーを開催するなど、彼ら自身も積極的にヴィーガンやベジタリアンのライフスタイルを楽しんでいます。

 

MATT&NAT 工場の様子工場で働く人の姿

 

生産工場で働く方々も「MATT&NATファミリー」の一員ということで、積極的に生産現場にも訪れ、強い信頼関係を築きながらブランドを進めてきました。

 

ナタリーポートマンやオリビアワイルド、シャリーズセロンなどの著名人もMATT & NATのアンバサダーを務め、

現在はカナダを始めアメリカ、イギリス、ドイツ、オーストラリアなど各国で展開中。

日本でもすでに人気が広がりつつあります。

 

MATT&NATを使用するオリビアワイルド

 

MATT&NATを使用するオリビアワイルドMATT & NATのバッグを愛用するオリビアワイルド

 

 

FEATURES


Material

ヴィーガンレザーやリサイクルナイロン、コルクなどサステイナブルな素材を使用。

1つのバッグのライニングにつき、約21個ものペットボトルがリサイクルされている計算。

 

 

Transparency

SA8000という基準をクリアした工場に生産を依頼。また長い信頼関係を続けられる工場のみと契約。

サイト上でも工場の様子を公開するなど、透明性を高めています。

 

 

Variation

バッグや財布、シューズなど、アイテムのバリエーションが豊富。

バッグひとつでも非常に豊富なデザインやカラーがあり、ヴィーガンに限らず多くの人が楽しめるアイテムを作っています。

 

 

 

LOVST 取扱商品


ABBI

Abbi2

定番のトートバッグ。

中にはジッパーポケットやスマホポケットがあり、利便性はバツグン。

カラーはブラック、ピンク、ライトグリーン、レッドの4色をご用意。

 

BALI MINI

bali1

小ぶりなサイズのバックパック。

前面にはジッパー付きポケット、中にも仕切りがついており、持ち物を整理しやすいアイテム。

ブラックとホワイトの2色展開。

 

ISLA

isla1

ナイロン素材のバックパック。

ハンドル付きで、手提げ鞄としても使える2Way仕様。

ブラックとグレーの2色をご用意。

 

 

MESSAGE


“We are not perfect but we aim to better ourselves with time.

The vegan spirit of Matt & Nat will live on. Our learning journey has just begun.”

– Manny Kohli, President & CEO

 

 

 

MATT & NAT アイテムはこちら